John Lennon – Imagine (1971)

Mobile Fidelity Sound Lab ‎- MFSL 1-277 (2000) (US Remastered)

リ・イシュー盤。オリジナル盤でも比較的多く出回っている。オリジナル盤の価格差は内袋、おまけが揃っているかというところ。最近では内袋の復刻も注目されている。しかし、ジャケット以上に難題がある様子。このレコード、オリジナル盤のラベル・デザインはジョン・レノンの顔写真。スリーブ中央には穴が開いていて、共演メンバーの中心にジョンが来るアイデア。片面は歌詞カードになっている。マンガチックである。ジョン・レノンの2枚目のソロアルバム。彼の作品の中でもっとも人気のあるアルバムと、見なされている。前作はジョン・レノン/プラスティック・オノ・バンド名義だから実質最初のソロ・アルバムといえる。それと比べて穏やかな曲想が並ぶ。そうすると、前作で内に籠った思いの丈を発散して平静な気持ちに満たされていると見ることが出来る。だったら対に聴くのがいいだろう。
発売:1971年、ステレオ録音。2012年にローリング・ストーンズ誌の “500 Greatest Albums of All Time” で80位を得ている。


12inch Analog: http://amzn.to/ZHduNG
Tracklist
Side One

  1. Imagine
  2. Crippled Inside
  3. Jealous Guy
  4. It’s So Hard
  5. I Don’t Wanna Be A Soldier Mama

Side two

  1. Gimme Some Truth
  2. Oh My Love
  3. How Do You Sleep?
  4. How?
  5. Oh Yoko!

Personnel

  • John Lennon – vocals, acoustic and electric guitars, piano, harmonica (B-5), whistling (A-3)
  • George Harrison – electric guitar (B-1, B-2), slide guitar (A-5, B-1, B-3), dobro (A-2)
  • Klaus Voormann – bass (all except A-2), upright bass (A-2)
  • Nicky Hopkins – piano (all except A-1, A-4, B-2), electric piano (B-2)
  • Alan White – drums (A-1, B-1, B-2, B-3, B-4, B-5), Tibetan cymbals (B-2), vibraphone (A-3)
  • Jim Keltner – drums (A-2, A-3, A-5)
  • Jim Gordon – drums (A-4)
  • John Barham – harmonium (A-3), vibraphone (B-4)
  • King Curtis – saxophone (A-4, A-5)
  • Joey Molland – acoustic guitar (A-5)
  • Tom Evans – acoustic guitar (A-5)
  • John Tout – acoustic guitar (A-2), piano (uncredited originally)
  • Ted Turner – acoustic guitar (A-2)
  • Rod Linton – acoustic guitar (A-2, B-1, B-5)
  • Andy Davis – acoustic guitar (B-1, B-5)
  • The New York Philharmonic (credited as “The Flux Fiddlers”) – orchestral strings
  • Phil Spector – backing vocals (B-5)
  • Michael Pinder – tambourine (A-5)
  • Steve Brendell – upright bass (A-2), maracas (A-5)

1 Comment Add Yours

  1. クンタキンヤ

    How Do You Sleep? は、ポールにあてつけた曲と言われてた。

    Reply